よくある質問

Q.「ソラハル」で、なにができますか?
「ソラハル」は相談型対人援助のプラットフォームです。
オンライン相談室を開設し、クライアントからの予約や相談に対応できるほか、クライアント情報の蓄積と状況管理によって継続的な支援をストレスなく実現できます。
また組織内の他の支援者と支援タスクの割り振りや進捗管理が可能です。
これまでは大きな手間がかかっていた多職種連携やチーム支援をより効率的にオペレートできるため、これからの時代に求められる組織的なケアとサポートが実現できます。
Q. どんな場面で利用ができますか?
人が人をケアしたり、サポートしたりする個人や組織において、情報共有・タスク管理に幅広くご活用いただけます。
オンライン窓口を開設すると、困りごとを抱えた人の受援への敷居を下げることが明らかになっています。
相談者やサポート対象者を増やしたい。場所の制約なしに、ひろく世の中をエンパワメントしたい。そんなとき必要となる機能を備えています。
  • 開業カウンセラー、ビジネスコーチ

    相談型の対人援助を行うかたであれば、個人であれ組織やNPO/NGOなどであれ、誰でも自分の相談室・支援室を持つことができます。

    相談時間や料金なども自由に設定できるため、自分だけのケアとサポートの空間を作り上げることが可能です。

  • 教育機関

    カウンセリングルーム、学生相談室など、学生や保護者を対象としたサービス部門で活用いただけます。

    他部門の教職員との連携と、クライアントへの継続支援によって「面倒見のいい学校」を確立できます。

  • 学校や企業内のハラスメント対策室

    問題事例の早期発見、迅速な対処に活用いただけます。

  • 学童、部活動

    気になる子供・保護者への対応記録や、指導履歴を記録できます。スタッフが毎回入れ替わる場合でも、引継ぎや連携に役立てていただけます。

今後、支援の現場やスケールに応じたプランを用意していきます。

Q. 出席管理の機能はありますか?
今後、機能を追加していく予定です。
Q. 決済機能はありますか?
今後、機能を追加していく予定です。
Q. インキュベーションオフィスで利用することができますか?
ご利用いただけます。
情報のCSV、PDFへの書き出しもできるため、協業組織や報道機関への情報提供も簡単です。
(※貴構の利用規約に情報共有の旨をあらかじめ記載ください。)
Q. いまは紙のカルテでクライアント情報を整理しています。
デジタル化するといいことがありますか。
単なる相談記録だけでなく、そこに紐づく情報をもとにして、顧客管理業務を行うことができます。
たとえば一定期間、相談のなかったクライアントに、こちらから様子を伺ったりするアラート機能を簡単に設定できます。
様々な情報をデジタル保存することで、業務の応用範囲が広がり、ひいては顧客やクライアントへの新たな価値提供に結び付きます。
Q. セキュリティが気になります。
2重ログインや端末登録機能により、不正なアクセスの可能性を減らす仕組みを取り入れています。
Q. 解約はいつでもできますか?
月単位契約のため、いつでも解約可能です。ただし月途中で解約しても、残日数分の精算・返金はございません。ご了承ください。
また、それまで蓄積してきたデータを、CSV形式でダウンロードし、手元に保存することが可能です。
Q. 有料ですか?
無償提供期間中は、いっさいの請求はありません。また無償期間後も、自動的に費用が発生することはありませんので、ご安心ください。
有償での供与開始は2021年1月を予定しています。